about

当 開発企画部は、
2019年9月に松竹株式会社内に新設された
事業開発本部の中の、
新しい部署です。

松竹グループのミッション

日本文化の伝統を継承、発展させ、世界文化に貢献する
時代のニーズをとらえ、あらゆる世代に豊かで多様なコンテンツをお届けする
当部はこの実現に向け、「様々な企業、パートナーの皆様との“ビジネス”」を通じてアプローチ致します。
120有余年のエンタメビジネスにおける社業で培い蓄積した、我が社の知的財産を活用し、様々なパートナーと共に、劇場や非劇場というカテゴリー、映画や演劇というジャンル、 リアルやバーチャルという概念―あらゆる枠を越え、自由な発想で新しいエンタテインメントのビジネス、コンテンツを企画・開発して参ります。

あなたと生み出す新しいエンタテインメント

松竹はこれまで、映画、演劇、不動産、事業等の各事業の専門性を活かした新規ビジネスの開発、創造に取り組んで参りました。近年では、 部門間連携で取り組んだ次の3つの公演が、歌舞伎と最新技術という、“異業種コラボレーションによる、日本文化の新しいグローバル発信”として国内外で高く評価されました。

Japan KABUKI Festival in Las Vegas 2015-20162015年はラスベガスのホテル、ベラージオの噴水内の特別舞台で、2016年はMGMグランド内の劇場他で、世界から訪れた観客に向け、新しい歌舞伎舞台を披露した。

Japan KABUKI Festival in Las Vegas 2015-2016

特別協賛、行政機関の支援、サポーター企業の協力を得て、2015年にラスベガスで初の歌舞伎公演を実現。2016年にはラスベガスの“劇場”で初となる歌舞伎興行を実施。

※2016年『KABUKI LION獅子王』は、「第一回クールジャパン・マッチングアワード」のグランプリを受賞

超歌舞伎歌舞伎俳優 中村獅童と、バーチャルシンガーの初音ミクが夢の共演を果たした、超歌舞伎の第一作目、『今昔饗宴千本桜』

超歌舞伎

2016年、パートナー企業と共に、歌舞伎俳優とバーチャルシンガーが共演する未来型の歌舞伎公演として製作、初演を果たす。以来、毎年上演を重ね、新しい歌舞伎のジャンルとして確立。

※超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』は、「第1回クールジャパンマッチングアワード・グランプリ」、「第22回AMDアワード'16 デジタルコンテンツ オブ ザ イヤー・グランプリ(総務大臣賞)」を受賞

京都ミライマツリ2019京都の「納涼床」の伝統を模した空間とAR等のテクノロジーを融合させ、かつてない未来のお祭り空間を創出

京都ミライマツリ2019

日本最古の歴史を持つ劇場、京都の南座で、協力企業各社と共に、最先端の技術と現代のカルチャーを融合させた新しい“未来型フェス”を創出。トップアーティストらのライブ「音マツリ」の他、「昼マツリ」「夜マツリ」を開催。

※「京都ミライマツリ2019」は、「第6回JACEイベントアワード」優秀賞を受賞

こうした取り組みを本格的に始動させ、持続可能な新規ビジネスの創造と展開を目指して、「事業開発本部 開発企画部」は発足しました。以来、国内外の“エンタメビジネス”に焦点を当て、様々なパートナーと共に、多彩なプロジェクトを展開しています。

開発企画部の仕事
― 各プロジェクトのご紹介

様々なビジネスパートナーと共に
With various business partners

千葉県市川市とのコラボ <歌舞伎展・製作>
花が彩る歌舞伎展 ~古典×デジタル~
於:芳澤ガーデンギャラリー

https://www.tekona.net/yoshizawa/report.php?id=183

写真提供:(公社)日本舞踊協会

日本舞踊協会とのコラボ <映像作品・協力>
日本舞踊Neo「地水火風空 そして、踊」

https://nihonbuyou-neo.com/

株式会社ロッテと初コラボ <IP・監修、協力>
ビックリマン歌舞伎チョコ

https://www.shochiku.co.jp/news/20200701_01/

contact

協業・イベントに関するお問い合わせは
こちらよりお送りください。

お問い合わせ